ホーム » 通貨・外国為替(FX)

人民元相場の現状と今後

(本稿は、メルマガ『島倉原の経済分析室』2017年1月8日号の冒頭部分です。著者プロフィールは下記をご参照ください)
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

先週末は連日、中国の通貨人民元の動向が金融市場をにぎわせた。
4日、5日の両日で対ドル市場レートが2%上昇、特に5日はつられる形で全面的なドル安となり、ドル円レートも1ドル=117円台から115円台へと急激な円高となった。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H5E_V00C17A1FF2000/
http://jp.reuters.com/article/ny-forex-idJPKBN14P2IS?sp=true

また、5日、6日には人民元の香港銀行間取引金利(HIBOR)の翌日物が38.3%、61.3%と急上昇した。
元売りを食い止めようとする中国当局が資金供給を絞った結果とされている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM06H6V_W7A100C1FF2000/

果たして人民元、そしてその影響を受ける金融市場の現状と今後について、どのように考えるべきだろうか。
同様に翌日物金利が急騰した昨年1月の状況とも比較しながら考察してみたい。

↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。
http://foomii.com/00092/2017010800300236824

【2017年1月のメルマガ記事一覧】
ダウ平均2万ドル突破と共に生じた珍しい現象」(2017年1月29日号)
シンギュラリティと半導体産業の未来」(2017年1月22日号)
雇用状況以外にも見出されるアベノミクスの歪み」(2017年1月15日号)
「人民元相場の現状と今後」(2017年1月8日号、本稿)
新年早々の波乱要因?」(2017年1月1日号)

※メルマガ『島倉原の経済分析室』は、主流派経済学が軽視している「景気循環論」の枠組みを用いることで、周期的なバブル発生や金融危機のメカニズムを解明しつつ、世界経済・日本経済・金融市場についてのタイムリーな情報分析をお届けしています。
毎週日曜日発行で、月刊購読料は500円(税別)、記事単位の購読は200円(税別)です。



※各種ブログランキングボタンやSNSボタンのクリックをよろしくお願いします。
        にほんブログ村 経済ブログへ


このエントリーをはてなブックマークに追加


【島倉原の著書】
積極財政宣言:なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか』(新評論、2015年)
ギリシャ危機の教訓~緊縮財政が国を滅ぼす』(Amazon電子書籍、2015年)
          


↓ツイッターでも情報発信しています。フォローよろしくお願いします。



↓フェイスブックページでも情報発信しています。「いいね!」よろしくお願いします。



↓執筆・講演・出演のご依頼等は、当ブログのメールフォームか、下記の問い合わせフォームからお願いいたします。
http://form1.fc2.com/form/?id=7f2d01cc919199d8


↓フェイスブック上で筆者をフォローされるにはこちら。


会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



テーマ : 株式・FX・投資・マネー最新情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 中国経済 人民元 外国為替 FX ドル 香港銀行間取引金利 HIBOR

ドル高トレンドをもたらした意外なイベント?

(本稿は、メルマガ『島倉原の経済分析室』2016年9月4日号の冒頭部分です。著者プロフィールは下記をご参照ください)
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

先週9月2日、多くの市場関係者が注目する指標である、アメリカの8月の雇用統計が発表された。
非農業部門の雇用者増加数は、市場予測の平均値18万人を下回る15万人だった。

上記結果はFRBの早期利上げに逆行する材料ということで、発表直後の為替市場ではドル売りが先行したが、終値ベースでは円、ユーロなどに対してドル高となり、ドル指数も上昇して引けた。
かえってドル高トレンドが根強いことを示したと言えそうである。

先週号では、8月26日のドル高のきっかけとして、イエレン議長をはじめとしたFRB高官の発言を紹介したが、目先のドル高トレンドへの転換点は少し前の8月18日である。
同じ日に新興国株指数も短期的なピークをつけ、翌19日には原油相場もピークをつけている。

金融市場の動きを単一の要因で説明することなど出来ないし、何を言っても所詮は後講釈でしかない。
とはいえ、トレンド転換がなぜこのタイミングだったのか、一つの仮説を述べてみたい。

↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。
http://foomii.com/00092/2016090402372434883

【2016年9月のメルマガ記事一覧】
日銀の「新しい枠組み」に対する市場の評価」(2016年9月25日号)
金融パニックの新たな兆候?」(2016年9月18日号)
クックパッド騒動の深層」(2016年9月11日号)
「ドル高トレンドをもたらした意外なイベント?」(2016年9月4日号、本稿)

※メルマガ『島倉原の経済分析室』は、主流派経済学が軽視している「景気循環論」の枠組みを用いることで、周期的なバブル発生や金融危機のメカニズムを解明しつつ、世界経済・日本経済・金融市場についてのタイムリーな情報分析をお届けしています。
毎週日曜日発行で、月刊購読料は500円(税別)、記事単位の購読は200円(税別)です。



※各種ブログランキングボタンやSNSボタンのクリックをよろしくお願いします。
        にほんブログ村 経済ブログへ


このエントリーをはてなブックマークに追加


【島倉原の著書】
積極財政宣言:なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか』(新評論、2015年)
ギリシャ危機の教訓~緊縮財政が国を滅ぼす』(Amazon電子書籍、2015年)
          


↓ツイッターでも情報発信しています。フォローよろしくお願いします。



↓フェイスブックページでも情報発信しています。「いいね!」よろしくお願いします。



↓執筆・講演・出演のご依頼等は、当ブログのメールフォームか、下記の問い合わせフォームからお願いいたします。
http://form1.fc2.com/form/?id=7f2d01cc919199d8


↓フェイスブック上で筆者をフォローされるにはこちら。


会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



テーマ : 株式・FX・投資・マネー最新情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ドル高 FX 外国為替 アメリカ 雇用統計 FRB

フィンテックとグローバリゼーション

※各種ブログランキングボタンやSNSボタンのクリックをよろしくお願いします。
        にほんブログ村 経済ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

(本稿は、メルマガ『島倉原の経済分析室』2016年6月19日号の冒頭部分です。著者プロフィールは下記をご参照ください)
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

筆者自身が金融業界に属していることもあり、最近、金融とITの融合を意味する「フィンテック(Fintech)」という言葉を目にする機会が増えた。
中国でアリババやテンセントといった大手IT企業が提供する電子決済サービスが急速に普及する様子を報じた2016年6月4日付の朝日新聞記事も、その1つである。
http://www.asahi.com/articles/ASJ5F5GZLJ5FUHBI01D.html

ある調査結果によれば、中国のモバイル決済額は年間150兆円を超え、日本の電子マネー市場の30倍にも達するという。
その7割を担うのがアリババの決済サービス「アリペイ」で、日本でも訪日中国人の需要を目当てに導入を進めようという動きがある。

とはいえ、こうしたフィンテック現象を単なる業界トレンド、すなわちビジネスの観点のみで捉えるのは、あまりにも一面的に思えてならない。
むしろ、マクロ経済やグローバリゼーションという観点に立つことで、より本質的な問題が見えてくるのではないだろうか。

↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。
http://foomii.com/00092/2016061900000033675

※メルマガ『島倉原の経済分析室』は、主流派経済学が軽視している「景気循環論」の枠組みを用いることで、周期的なバブル発生や金融危機のメカニズムを解明しつつ、世界経済・日本経済・金融市場についてのタイムリーな情報分析をお届けしています。
毎週日曜日発行で、月刊購読料は500円(税別)、記事単位の購読は200円(税別)です。


【2016年6月のメルマガ記事一覧】
ブレグジット後の世界経済」(2016年6月26日号)
「フィンテックとグローバリゼーション」(2016年6月19日、本稿)
金融市場不安定化の芽は消えたのか」(2016年6月12日号)
日本の電機産業の行方」(2016年6月5日号)

【島倉原の著書】
積極財政宣言:なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか』(新評論、2015年)
ギリシャ危機の教訓~緊縮財政が国を滅ぼす』(Amazon電子書籍、2015年)
          


↓ツイッターでも情報発信しています。フォローよろしくお願いします。



↓フェイスブックページでも情報発信しています。「いいね!」よろしくお願いします。



↓執筆・講演・出演のご依頼等は、当ブログのメールフォームか、下記の問い合わせフォームからお願いいたします。
http://form1.fc2.com/form/?id=7f2d01cc919199d8


↓フェイスブック上で筆者をフォローされるにはこちら。


会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



テーマ : 株式・FX・投資・マネー最新情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : フィンテック グローバリゼーション アリババ テンセント 日本経済 中国経済

ドル円相場の短期的な節目

※各種ブログランキングボタンやSNSボタンのクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 経済ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ツイッターでも情報発信しています。フォローよろしくお願いします。


(本稿は、メルマガ『島倉原の経済分析室』2016年4月10日号の冒頭部分です。著者プロフィールは下記をご参照ください)
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

2016年4月8日のニューヨーク外国為替市場では、ドル円相場は6営業日連続の円高となった。
朝方までは麻生財務相の円高けん制発言を受けて円売りが優勢だったが、午後にかけては今の水準では当局が実際には為替介入には動かないとの見方が広がり、再び円買いが優勢になったという。
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO99476600Z00C16A4NNE000/

筆者はこれまで、「ドル円相場の行方」「続・ドル円相場の行方」と題し、中長期的な動向を中心にドル円相場について考察してきた。
上記報道にしても後講釈のようなところもあり、筆者自身、日々の相場動向について考えてみたところで手に負えない、というのが正直なところである。
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-112.html
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-139.html

ところが、マイナス金利政策導入後の経過を眺めていて、ふと気づいたことがある。
今回は、これまでよりも短期的な視点で金融市場の動向を確認し、それを踏まえてドル円相場の短期的な転換点について考察してみたい。

↓続きをご覧になるには、メルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)をご利用になるか、FC2IDを使ってブロマガとしてご購読ください(月刊購読は「フーミーのみご利用可能です)。
http://foomii.com/00092/2016041000520432534

↓ブロマガではFC2ポイントでの購読も可能です(記事単位の購読のみ)。購読される方はこちらから(画面下の「ブロマガを購入する」ボタンを押しても手続き可能です)。
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/?mode=blomaga&from_eno=159

※メルマガ『島倉原の経済分析室』は、主流派経済学が軽視している「景気循環論」の枠組みを用いることで、周期的なバブル発生や金融危機のメカニズムを解明しつつ、世界経済・日本経済・金融市場についてのタイムリーな情報分析をお届けしています。
毎週日曜日発行で、月刊購読料は500円(税別)、記事単位の購読は200円(税別)です。


【2016年4月のメルマガ記事一覧】
iPhone販売不振でも上昇するアップル関連株」(2016年4月24日号)
ユニクロとドル円相場の行方」(2016年4月17日号)
「ドル円相場の短期的な節目」(2016年4月10日号、本稿)
日銀短観が映すアベノミクスの歪み」(2016年4月3日号)

【その他関連記事】
続・ドル円相場の行方」(2016年1月17日号)
FRBの利上げと金融循環」(2015年12月20日号)
人民元とユーロの行方(ユーロ編)」(2015年12月13日号)
人民元とユーロの行方(人民元編)」(2015年12月6日号)
ドル円相場の行方」(2015年10月4日)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



金(ゴールド)への投資は魅力的か

※各種ブログランキングボタンやSNSボタンのクリックをよろしくお願いします。
        にほんブログ村 経済ブログへ

   
   このエントリーをはてなブックマークに追加


↓ツイッターでも情報発信しています。フォローよろしくお願いします。


(本稿は、メルマガ『島倉原の経済分析室』2016年3月6日号の冒頭部分です。著者プロフィールは下記をご参照ください)
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

不安定な株式市場に日銀のマイナス金利政策導入が重なり、投資対象として、金の人気が高まっているという。
日本国内では、昨年後半あたりから金貨や金の延べ板の売れ行きが伸び、特に子供や孫に残す資産として購入する高齢者が増えているようである。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ29H2C_T20C16A2MM0000/

人類の歴史上、金は長きにわたって通貨、あるいはその裏付けとして用いられてきたため、安全資産としてのイメージが強い。
持っていても利息が付かないのが欠点だが、超低金利の状況ではそれも気にならない。
異常なまでの金融緩和は、金の裏付けが無い通貨(ペーパー・マネー)の将来的な価値下落、裏を返せば金価格の将来的な上昇を連想させる。
そんな背景から金融市場でも人気を集め、金価格は今年に入って世界中の株価が下落している中でも上昇を続け、3月3日のアメリカ市場では約1年1カ月ぶりの高値をつけたという。
http://www.nikkei.com/markets/column/position.aspx?g=DGXLZO9777369026022016EN2000
http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM04H1V_U6A300C1EAF000/

本メルマガでは、主として景気循環論の観点から、金融市場不安定化の要因や、先行きの危機シナリオについてしばしば考察してきた。
今回は、金価格の行方について考察してみたいと思う。

↓続きをご覧になるには、メルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)をご利用になるか、FC2IDを使ってブロマガとしてご購読ください。
http://foomii.com/00092/2016030600000031888

↓ブロマガとして購読される方はこちらから(画面下の「ブロマガを購入する」ボタンを押しても手続き可能です)。
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/?mode=blomaga&from_eno=150

※メルマガ『島倉原の経済分析室』は、主流派経済学が軽視している「景気循環論」の枠組みを用いることで、周期的なバブル発生や金融危機のメカニズムを解明しつつ、世界経済・日本経済・金融市場についてのタイムリーな情報分析をお届けしています。
毎週日曜日発行で、月刊購読料は500円(税別)、記事単位の購読は200円(税別)です。


【2016年3月のブロマガ記事一覧】
IT業界の景気サイクルと株式市場」(2016年3月27日号)
グーグルの人工知能と株式市場」(2016年3月20日号)
ブラジル経済の行方」(2016年3月13日号)
「金(ゴールド)への投資は魅力的か」(2016年3月6日号、本稿)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



続・ドル円相場の行方

※各種ブログランキングボタンやSNSボタンのクリックをよろしくお願いします。
        にほんブログ村 経済ブログへ

   
   このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ツイッターでも情報発信しています。フォローよろしくお願いします。


(本稿は、メルマガ『島倉原の経済分析室』2016年1月17日号の冒頭部分です。著者プロフィールは下記をご参照ください)
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

年明け以降、世界の金融市場が不安定さを増している。
中国をはじめとした新興国経済の動向を懸念する声の高まりと共に、株安、新興国通貨安、そして原油をはじめとした商品安が進んでいる。

こうしたリスク回避的な動きが強まる中で、昨年末から円高・ドル安が進行している。
昨年11月末時点で123円台だったドル円相場は、年末時点で120円台、そして先週末は117円台で終わっている。
一時は、人民元切り下げショックで市場が揺れた昨年8月以来の116円台をつけた。
そんな中、「海外のヘッジファンドなどはアベノミクス開始以来初めて円の買い持ちに転じている」という報道がなされた。
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO95966760Z00C16A1NN1000/

実は、ドル円相場の行方については昨年10月に一度考察している。
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-112.html

今回は上記の報道が意味するところを確認した上で、改めてドル円相場の行方を考えてみたい。

↓続きをご覧になるには、メルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)をご利用になるか、画面下の「ブロマガを購入する」ボタンを押してFC2IDでお手続きください。
http://foomii.com/00092/2016011701052130938

※メルマガ『島倉原の経済分析室』は、主流派経済学が軽視している「景気循環論」の枠組みを用いることで、周期的なバブル発生や金融危機のメカニズムを解明しつつ、世界経済・日本経済・金融市場についてのタイムリーな情報分析をお届けしています。
毎週日曜日発行で、月刊購読料は500円(税別)、記事単位の購読は200円(税別)です。


【2016年1月のメルマガ記事一覧】
原油価格を動かす世界経済のメカニズム」(2016年1月31日号)
バルチック海運指数が示唆する新たな危機?」(2016年1月24日号)
「続・ドル円相場の行方」(2016年1月17日号、本稿)
国際情勢の比較文明論的考察」(2016年1月10日号)
岩田日銀副総裁の不吉なジンクス?」(2016年1月3日号)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



人民元とユーロの行方(ユーロ編)

※各種ブログランキングボタンやSNSボタンのクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 経済ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ツイッターでも、経済や金融について情報発信しています。フォローよろしくお願いします。


(本稿は、メルマガ『島倉原の経済分析室』2015年12月13日号の冒頭部分です。著者プロフィールは下記をご参照ください)
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

先週号で述べたように、12月3日のECB(欧州中央銀行)理事会で、量的金融緩和の実施期間を「少なくとも2016年9月まで」から「少なくとも2017年3月まで」に延長するなど、金融政策を従来よりも緩和的に変更することが決定された。
金融緩和といえば通常は自国通貨安に作用するものだが、この日のユーロドル相場は逆に前日比で3%以上ドル安・ユーロ高に振れ、12月11日時点ではさらにユーロ高となっている。
金融緩和は既に相場に織り込みずみで、むしろ事前予想ほど緩和的な政策変更ではなかったためと、一般には報道されている。

先週号の人民元に引き続き、今週号ではユーロ相場の今後を考察してみたい。
合わせて、先週以降の人民元相場の動向にも触れておこう。

続きをご覧になるには、メルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)をご利用になるか、画面下の「ブロマガを購入する」ボタンを押してFC2IDでお手続きください。
http://foomii.com/00092/2015121301480330305

メルマガ『島倉原の経済分析室』は、主流派経済学が軽視している「景気循環論」の枠組みを用いることで、周期的なバブル発生や金融危機のメカニズムを解明しつつ、世界経済・日本経済・金融市場についてのタイムリーな情報分析をお届けしています。
毎週日曜日発行で、月刊購読料は500円(税別)、記事単位の購読は200円(税別)です。


【2015年12月のメルマガ記事一覧】
実体経済指標から見たアメリカ経済と株価の行方」(2015年12月27日号)
FRBの利上げと金融循環」(2015年12月20日号)
「人民元とユーロの行方(ユーロ編)」(2015年12月13日号、本稿)
人民元とユーロの行方(人民元編)」(2015年12月6日号)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



直近のドル高傾向の真の要因とは

※各種ブログランキングボタンやSNSボタンのクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 経済ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ツイッターでも、経済や金融について情報発信しています。フォローよろしくお願いします。


(本稿は、メルマガ『島倉原の経済分析室』2015年11月8日号の冒頭部分です。著者プロフィールは下記をご参照ください)
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

先週末の11月6日、ドル円相場は1ドル=123円台で終了した。
前週末が120円台半ばだったので、1週間で3円近く円安に振れたことになる。
特に、雇用者数の大幅な増加を示すアメリカの雇用統計が発表された11月6日には、1日で1円以上円安に振れた。

また、その前の週には、アメリカの金融政策を決定するFOMCが開催された。
利上げこそ行われなかったものの、次回12月のFOMCで利上げを選択肢とする文言が、声明文に盛り込まれた。
そうした背景と雇用統計の結果などが相まって、12月における利上げ観測が強まっていることが、直近のドル高傾向をもたらしているかのように報道されている。
http://jp.reuters.com/article/2015/11/06/ny-forex-idJPKCN0SV2YM20151106?sp=true

もちろん、アメリカの利上げがドル高要因であることは間違いない。
しかしながら、直近のドル高傾向は、ドル円、ユーロドルいずれに関しても、FOMCの2週間前である10月半ばあたりから始まっている。
してみると、既に為替相場の方向性に影響を与える重要なイベントが、金融政策とは別のところで生じている可能性が考えられるのではないだろうか。

※続きをご覧になるには、メルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)をご利用になるか、画面下の「ブロマガを購入する」ボタンを押してFC2IDでお手続きください。
http://foomii.com/00092/2015110800100029665

※メルマガ『島倉原の経済分析室』は、主流派経済学が軽視している「景気循環論」の枠組みを用いることで、周期的なバブル発生や金融危機のメカニズムを解明しつつ、世界経済・日本経済・金融市場についてのタイムリーな情報分析をお届けしています。
毎週日曜日発行で、月刊購読料は500円(税別)、記事単位の購読は200円(税別)です。


【2015年11月のメルマガ記事一覧】
消費の改善につながらない雇用の実態」(2015年11月29日号)
現在はどのような歴史的局面にあるのか」(2015年11月22日号)
ウォーレン・バフェットをめぐる既視感と景気循環論」(2015年11月15日号)
「直近のドル高傾向の真の要因とは」(2015年11月8日号、本稿)
日本・タイ・中国の経営破たんをつなぐもの」(2015年11月1日号)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



マクロとミクロとグローバリズム

メルマガ「三橋貴明の『新』日本経済新聞」に寄稿しました。
今回のタイトルは「マクロとミクロとグローバリズム」で、さる10月14日に発表された政府の月例経済報告における景気認識の問題点の指摘と、ユニクロとウォルマートについて取り上げたメルマガ「島倉原の経済分析室」の記事の紹介を行っています。

↓メルマガ申し込みはこちらから。
http://www.mag2.com/m/0001007984.html

以下では今回の記事を掲載しています。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

続きを読む



会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 日本経済 アベノミクス 月例経済報告 機械受注 ユニクロ ウォルマート グローバリズム 三橋貴明

ドル円相場の行方

※各種ブログランキングボタンやSNSボタンのクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 経済ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ツイッターでも、経済や金融について情報発信しています。フォローよろしくお願いします。


(本稿は、メルマガ『島倉原の経済分析室』2015年10月4日号の冒頭部分です。著者プロフィールは下記をご参照ください)
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

メルマガ読者から、今後のドル円相場の行方について質問をいただいた。
日本の過剰な金融緩和や、近い将来予想されるアメリカの利上げは円安要因。
他方で、新興国経済危機などが本格化すれば金融市場でリスク回避の動きが強まるため、円高要因。
果たしてどちらに向かうのか。

合わせて、上記円高要因と関連する質問もあった。
リーマン・ショックの際もそうであったが、リスク回避の際の円高は、円が「世界一の安全通貨」と見られていることで生じている。
果たして、過剰な金融緩和を続いているのに、円がいつまでもその地位を保てるのだろうか。
今回はこれらの問題について考えてみたい。

※続きをご覧になるには、メルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)をご利用になるか、画面下の「ブロマガを購入する」ボタンを押してFC2IDでお手続きください(月刊購読は「フーミーのみご利用可能です。
http://foomii.com/00092/2015100402131529031

※メルマガ『島倉原の経済分析室』は、主流派経済学が軽視している「景気循環論」の枠組みを用いることで、周期的なバブル発生や金融危機のメカニズムを解明しつつ、世界経済・日本経済・金融市場についてのタイムリーな情報分析をお届けしています。
毎週日曜日発行で、月刊購読料は500円(税別)、記事単位の購読は200円(税別)です。


【2015年10月のメルマガ記事一覧】
ウォーレン・バフェットはなぜIBM株を買い続けるのか」(2015年10月25日号)
グローバル小売業の相次ぐ株価急落」(2015年10月18日)
ユニクロの株価はなぜ急落したのか」(2015年10月11日)
「ドル円相場の行方」(2015年10月4日、本稿)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



最新記事
ブログ記事検索フォーム
カテゴリ別記事
おすすめの本

雇用、利子、お金の一般理論 (講談社学術文庫)


国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策 (講談社現代新書)


公共事業が日本を救う (文春新書)


官僚階級論 霞が関(リヴァイアサン)といかに闘うか (モナド新書010)


戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する


国土学―国民国家の現象学 (叢書 新文明学4)


英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)


アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)


〈凡庸〉という悪魔 (犀の教室)


危機の二十年――理想と現実 (岩波文庫)


仮面の日米同盟 米外交機密文書が明かす真実 (文春新書)
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

島倉原(しまくら はじめ)

Author:島倉原(しまくら はじめ)
 経済評論家。株式会社クレディセゾン主任研究員。経済理論学会および景気循環学会会員。
 メルマガ『島倉原の経済分析室』(毎週日曜日発行)や、メルマガ『三橋貴明の「新」日本経済新聞』(隔週木曜日寄稿)の執筆を行っています。

著書『積極財政宣言:なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか』(新評論、2015年)

RSSリンクの表示
メールフォーム
メールでのご質問・ご意見等はこちらからお願いします。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの音楽

ザ・アイランド・イヤーズ(リマスター)(完全生産限定盤)


Piper at the Gates of Dawn


Doors


ジギー・スターダスト<2012リマスター>


十七歳の地図

ツイート一覧
QRコード
QR
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策