ホーム » 2015年03月

「大阪都構想」の経済的リスク(入門編)

メルマガ「三橋貴明の『新』日本経済新聞」の記事を執筆しました。

今回は「「大阪都構想」の経済的リスク(入門編)」というタイトルで、先週、本ブログでアップした「「大阪都構想」の経済的リスク」について解説したものです。
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-85.html

↓メルマガ登録はこちらから。
http://www.mag2.com/m/0001007984.html

以下では今回の記事を転載しています。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

続きを読む



会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



テーマ : 橋下徹
ジャンル : 政治・経済

tag : 大阪都構想 橋下徹 藤井聡 緊縮財政 積極財政 構造改革 高度成長 三橋貴明

「大阪都構想」の経済的リスク

インターネット動画「チャンネルAjer」の収録を行いました。
今回は、「「大阪都構想」の経済的リスク」というタイトルで、前後半合わせて40分ほどのプレゼンテーションです。

↓動画へのリンク
「大阪都構想」の経済的リスク(前半)
「大阪都構想」の経済的リスク(後半)

大阪市を廃止して5つの特別区に分割し、同地域の行政を大阪府との間で再編する、いわゆる「大阪都構想」に関して、大阪市民を対象とした住民投票が、2015年5月17日に実施される見通しです(住民投票で可決されて構想が実現したとしても、「大阪都」ができるわけではないので、「いわゆる」という表現を用いています)。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150313/k10010014591000.html

これに関して2015年1月27日、京都大学大学院教授で内閣官房参与でもある藤井聡氏が、メルマガ「三橋貴明の「新」日本経済新聞」に、「大阪都構想:知っていてほしい7つの事実」というタイトルで、同構想に関する「特別区設置協定書」の記載内容に基づいて、経済・財政政策を中心とした同構想に関する事実やその影響を整理した記事を寄稿しました(大阪都構想に関する藤井氏の一連の評論については、下記「サトシフジイドットコム」でご確認ください)。
http://satoshi-fujii.com/

すると、同構想を推進している大阪維新の会、あるいは維新の党が、「間違った情報を発信していることに憤っており、公開討論を申し入れる」という趣旨の抗議文を藤井氏に送り付け、挙句の果てには、橋下徹・大阪市長の依頼に基づき、在阪放送局各社宛てに藤井氏の番組出演に異議を唱える文書を送付するなど、異例の事態となっています。
http://bit.ly/1GqlDg9
http://mainichi.jp/select/news/20150305k0000e040187000c.html

今回は、「財政政策の動向は一国の経済のみならず、地域経済にも大きな影響を与える」という事実に基づき、

「緊縮財政を前提とした大阪都構想は大阪地域、特に大阪市にとって、むしろより一層の経済停滞をもたらしかねず、なおかつ財政運営上も無視できないリスクをはらんでいる」

ことを解説したいと思います。

なお、私自身は上記メルマガ執筆者の一人であると共に、藤井氏との接点も持ち合わせています。
しかしながら、今回の評論は藤井氏の意向とは無関係であり(藤井氏のメルマガ記事をきっかけに大阪都構想問題に興味を持ったのは事実ですが)、当ブログ等を通じて私が発信してきたこれまでの評論同様、「長期にわたる緊縮財政が日本経済の停滞をもたらしている」という自らの実証的知見に基づくものであることを、あらかじめお断りしておきます(実際、財政政策と地域経済との密接なかかわりや、大阪維新の会の構想に対する違和感を表明した下記2つの記事は、いずれも藤井氏と知り合う以前に執筆したものです)。
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-11.html
http://asread.info/archives/259/2

↓今回のプレゼンテーション資料です。
「大阪都構想」の経済的リスク.pdf

以下はプレゼンテーションの概要です。

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

続きを読む



会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



テーマ : 橋下徹
ジャンル : 政治・経済

tag : 橋下徹 大阪都構想 大阪市 経済成長 緊縮財政 構造改革 藤井聡

The dollar's moving?

メルマガ「三橋貴明の『新』日本経済新聞」の記事を執筆しました。

今回は「The dollar's moving?」というタイトルで、昨年来述べている「ドル高&新興国からの資金流出シナリオ」にまつわる現在の状況について評論しています。
なお、今回のタイトルは、記事内でも引用した、ポール・マッカートニー作詞・作曲の 'The pound is sinking' の歌詞の一節にちなんだものです。

↓メルマガ登録はこちらから。
http://www.mag2.com/m/0001007984.html

以下では今回の記事を転載しています。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

続きを読む



会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



テーマ : 株式市況
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 金融循環 アベノミクス 新興国経済 中国経済 REIT 不動産市場 株式投資 金融政策

最新記事
ブログ記事検索フォーム
カテゴリ別記事
おすすめの本

雇用、利子、お金の一般理論 (講談社学術文庫)


国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策 (講談社現代新書)


公共事業が日本を救う (文春新書)


官僚階級論 霞が関(リヴァイアサン)といかに闘うか (モナド新書010)


戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する


国土学―国民国家の現象学 (叢書 新文明学4)


英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)


アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)


〈凡庸〉という悪魔 (犀の教室)


危機の二十年――理想と現実 (岩波文庫)


仮面の日米同盟 米外交機密文書が明かす真実 (文春新書)
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

島倉原(しまくら はじめ)

Author:島倉原(しまくら はじめ)
 経済評論家。株式会社クレディセゾン主任研究員。経済理論学会および景気循環学会会員。
 メルマガ『島倉原の経済分析室』(毎週日曜日発行)や、メルマガ『三橋貴明の「新」日本経済新聞』(隔週木曜日寄稿)の執筆を行っています。

著書『積極財政宣言:なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか』(新評論、2015年)

RSSリンクの表示
メールフォーム
メールでのご質問・ご意見等はこちらからお願いします。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの音楽

ザ・アイランド・イヤーズ(リマスター)(完全生産限定盤)


Piper at the Gates of Dawn


Doors


ジギー・スターダスト<2012リマスター>


十七歳の地図

ツイート一覧
QRコード
QR
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策