ホーム » 株式市場 » ウォーレン・バフェットはなぜIBM株を買い続けるのか

ウォーレン・バフェットはなぜIBM株を買い続けるのか

※各種ブログランキングボタンやSNSボタンのクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 経済ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

↓ツイッターでも情報発信しています。フォローよろしくお願いします。


(本稿は、メルマガ『島倉原の経済分析室』2015年10月25日号の冒頭部分です。著者プロフィールは下記をご参照ください)
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

10月20日、日本でもお馴染みのアメリカの大手IT企業、IBMの株価が5.7%安と急落した。
前日に14四半期連続の減収決算を発表し(利益も減少)、2015年通年の利益見通しも下方修正したことが要因である。
株価は2013年以降下落トレンドを続けており、ピークからの下落率は30%を超え、年初来でも12.2%安となっている。

ところが2011年以降、IBM株を大量に買い続けている投資家がいる。
世界第3位の富豪で、投資の達人として名高いウォーレン・バフェット氏率いる投資持株会社、バークシャー・ハザウェイである。
バークシャーがIBMに投資した金額は2014年末時点で合計130億ドル(約1.6兆円)を超え、同社による単一銘柄に対する投資としては最大となっている。
さらに、CNBCによる同氏への9月8日のインタビューで、今年の7-9月期にも買い増していたことが明らかになった。
含み損は1千億円を超えていると見られる。

バフェット氏といえば、ITに代表される変化の激しいハイテク業界への投資を「理解できないものには投資しない」として避ける一方、ウェルズ・ファーゴ、コカ・コーラ、アメリカン・エキスプレスといった優良企業に集中投資し、長期保有してきたことで有名である。
また、1987年のブラック・マンデー後のコカ・コーラへの投資、2008年のリーマン・ショック後のウェルズ・ファーゴその他への投資といったように、長期保有を前提としつつ、短期的に見ても絶妙なタイミングで投資を実行してきた。

筆者は、「長期投資家かつ経営者」としてのバフェット氏の業績や、時流に流されない彼の理念や言動に対して、単なる投資家の枠を超え、深い敬意を表している。
その筆者にとって、今回のIBMへの投資は二重の意味で意外であった。
神通力ともいうべき彼の切れ味も、年齢を重ねてさすがに鈍ってしまったのだろうか。
投資スタイルもそれと共に変えてしまったのだろうか。

そう思っていたところ、株価急落の当日に出た、とある記事が筆者の目にとまった。
その内容を手がかりに、バフェット氏が投資した背景も含め、IBM株の現状及び今後について考察してみたい。

※続きをご覧になるには、メルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)をご利用になるか、画面下の「ブロマガを購入する」ボタンを押してFC2IDでお手続きください(月刊購読は「フーミーのみご利用可能です。
http://foomii.com/00092/2015102500000029405

※メルマガ『島倉原の経済分析室』は、主流派経済学が軽視している「景気循環論」の枠組みを用いることで、周期的なバブル発生や金融危機のメカニズムを解明しつつ、世界経済・日本経済・金融市場についてのタイムリーな情報分析をお届けしています。
毎週日曜日発行で、月刊購読料は500円(税別)、記事単位の購読は200円(税別)です。


【2015年10月のメルマガ記事一覧】
「ウォーレン・バフェットはなぜIBM株を買い続けるのか」(2015年10月25日号、本稿)
グローバル小売業の相次ぐ株価急落」(2015年10月18日)
ユニクロの株価はなぜ急落したのか」(2015年10月11日)
ドル円相場の行方」(2015年10月4日)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



最新記事
ブログ記事検索フォーム
カテゴリ別記事
おすすめの本

雇用、利子、お金の一般理論 (講談社学術文庫)


国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策 (講談社現代新書)


公共事業が日本を救う (文春新書)


官僚階級論 霞が関(リヴァイアサン)といかに闘うか (モナド新書010)


戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する


国土学―国民国家の現象学 (叢書 新文明学4)


英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)


アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)


〈凡庸〉という悪魔 (犀の教室)


危機の二十年――理想と現実 (岩波文庫)


仮面の日米同盟 米外交機密文書が明かす真実 (文春新書)
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

島倉原(しまくら はじめ)

Author:島倉原(しまくら はじめ)
 経済評論家。株式会社クレディセゾン主任研究員。経済理論学会および景気循環学会会員。
 メルマガ『島倉原の経済分析室』(毎週日曜日発行)や、メルマガ『三橋貴明の「新」日本経済新聞』(隔週木曜日寄稿)の執筆を行っています。

著書『積極財政宣言:なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか』(新評論、2015年)

RSSリンクの表示
メールフォーム
メールでのご質問・ご意見等はこちらからお願いします。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの音楽

ザ・アイランド・イヤーズ(リマスター)(完全生産限定盤)


Piper at the Gates of Dawn


Doors


ジギー・スターダスト<2012リマスター>


十七歳の地図

ツイート一覧
QRコード
QR
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策