ホーム » 地域経済 » 「大阪都構想」の賛否両論を比較する(メルマガ編)

「大阪都構想」の賛否両論を比較する(メルマガ編)

メルマガ「三橋貴明の『新』日本経済新聞」の記事を執筆しました。

今回は『「大阪都構想」の賛否両論を比較する』というタイトルで、いわゆる「大阪都構想」の賛成派・高橋洋一氏(嘉悦大学教授)と反対派・藤井聡氏(京都大学大学院教授)の交通インフラに関するそれぞれの議論を取り上げ、論評を加えています(合わせて、賛否両論のコンテンツを一覧にした、当ブログ内の同名記事~下記URL参照~も紹介しています)。
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-90.html

↓メルマガ登録はこちらから。
http://www.mag2.com/m/0001007984.html

以下では今回の記事を転載しています。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
【島倉原】「大阪都構想」の賛否両論を比較する
From 島倉原@評論家

おはようございます。
4月27日、拙著『積極財政宣言:なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか』が無事発売となりました。
下記の通り、大型の書店のビジネス書あるいは経済書コーナーにはそれなりに置いてあるようなので、是非、お手に取ってみてください。
http://on.fb.me/1EUxjtO
http://bit.ly/1IcpW1T

また、ありがたいことに、アマゾンでは下記の通り初めての書評もいただきました。
5つ星を付けていただいたから言う訳ではありませんが、この「みぬさ よりかず」さんという方、しっかりと読み込み、ポイントを手際よくまとめておられます。拙著に興味をお持ちいただいた方には、少なからず参考になるのではないかと思います。
http://amzn.to/1AD5H7e

という訳で、今回は少々拙著の解説を、とも思ったのですが、住民投票までちょうどあと10日となった、いわゆる「大阪都構想」を話題にしたいと思います。
これまでも、まさしく拙著のテーマでもある「積極財政論」「内生的景気循環論」の観点から見た、経済政策としての「大阪都構想」の問題点を論じてきました。
今回は少し立ち位置を変え、下記拙ブログ記事のタイトルでもある『「大阪都構想」の賛否両論を比較する』という観点から、論評してみたいと思います。
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/blog-entry-90.html

なお、上記ブログ記事には、賛成派・反対派双方から発信されている動画や文章、あるいは書籍コンテンツを、(最後に参考として載せている拙稿へのリンクを除き)私見を交えずに一覧表示しています(例えば、「新潮45」に掲載された適菜収さんによる大阪維新の会タウンミーティングの取材記事を読みながら、当該タウンミーティングの動画をご覧いただけます)。
賛否の判断を決めかねている方も含め、参考にしていただければと思います。

前置きが長くなりましたが、上記ブログ記事でも賛成派の一人として取り上げている高橋洋一氏(嘉悦大学教授・大阪市特別顧問)は、『「大阪都構想」を逃せば大阪の衰退はさらに進む』という論考を、ダイヤモンド・オンラインに寄稿しておられます。
これは、首都高速道路に劣る阪神高速道路の整備状況を引き合いに出しながら、大阪の交通インフラの整備が遅れ、運営の主導権も握れないのは、大阪市が都制を採らずに政令指定都市制に固執しているからだ、という議論です(本稿では必ずしも明記されていませんが、都でないために中央官僚から軽く見られた結果だ、というのが、BS11の藤井聡さんとの討論番組で彼が述べておられたところです)。
http://diamond.jp/articles/-/70878

確かに、本メルマガでもかつて藤井聡さんが指摘しておられたように、今回の住民投票で可決されたとしても「大阪都」なるものが誕生するわけではない事実に対して、

「えっ! そうやったん!? なんや、それやったら、なんか賛成する気が失せるなぁ」

というリアクションが少なからず返ってくることからすれば、「『都』という名称が付いていないために大阪を軽く見る中央官僚」(恐らくはかつての高橋氏も含めて)が存在する可能性は否定できません(「大阪都」にならないのだから、そもそもそのこと自体賛成の根拠にならないのでは? というツッコミはあえて入れないことにします)。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/02/10/fujii-131/

しかしながら、そうした名称にとらわれない中央官僚が存在することもまた容易に想像でき、その意味では高橋氏の見解は一面的なものでしかないでしょう。
したがって、「『都』という名称は、政策決定に与える要因として、現実にはどの程度重要なものなのか」を、あくまでも事実に基づいて判断する必要があります。

そして、以前も指摘したとおり、

「少なくとも政令指定都市制度の運用が開始された1956年以降1970年頃までは、経済成長率・公共投資伸び率とも大阪が東京を凌駕していた」

というのがGDP統計から導き出される事実です。
http://on.fb.me/1Ldnmfv

上記公共投資は「交通インフラ」に限ったものではありませんが、「名称に対するイメージ」よりも「国土計画やマクロ経済政策の運営方針」の重要度がより高いことを端的に示していると言えるでしょう。
ひるがえって、討論相手である藤井氏が都構想の対案として、「新幹線整備計画の早期実行を核とし、中央政府も巻き込んだ『大大阪構想』」を提唱しておられるのは、本メルマガの読者の皆さんにはおなじみのところだと思います。

以上の賛否両論をどう評価すべきでしょうか。
参考までに、私自身のツイートをご紹介しておきます。

『大阪都構想賛成派の高橋洋一氏は「大阪は都制でないため、社会インフラの整備が遅れて損をしている」と述べていますが、これは「1970年頃までの公共投資と経済成長の伸びは、共に大阪が東京を上回っていた」という事実と矛盾します。』
http://bit.ly/1c18hxE

『藤井聡著「大阪都構想が日本を破壊する」を読みました。
「大阪再生には内向きの『改革』ではなく外向きの『プロジェクト』を」という本書の提言は、緊縮財政と共に大阪経済の停滞が強まっているという現実と合致しています。』
http://bit.ly/1IJXftB

また、参考になるかどうかはわかりませんが、拙著『積極財政宣言』の一節も、最後に合わせてご紹介しておきます。

『構造改革とは、「従来からの規制や制度が現状に合わなくなったため、変革する必要がある」という問題認識のもとで行われるもので、確かにそうした解決策が適切な分野もあるだろう。しかしながら(中略)実際の問題はむしろ、緊縮財政という誤った政策によってもたらされた「現状」のほうにある。
(中略)
 したがって、各政策が積極財政のもとでも合理的な改革と言えるかどうか、今一度慎重な議論が行われるべきである。真っ先に変革の対象とすべきはむしろ、緊縮財政をもたらしている、均衡財政主義的な政策運営そのものである。』
(『積極財政宣言』211~212ページより)
http://amzn.to/1HF6UyO

↓島倉原のブログ&フェイスブックページはこちら
http://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/
https://www.facebook.com/shimakurahajime

↓メルマガ「島倉原の経済分析室」を開始しました。毎週日曜日に発行しています。
http://foomii.com/00092

↓拙著『積極財政宣言』、ご覧になるにはこちらの画像をクリック!!


↓アマゾンより、電子書籍『ギリシャ危機の教訓~緊縮財政が国を滅ぼす(付論:ギリシャ株投資に関する一考察)』を刊行しました。詳しくはこちらから!


↓電子書籍専用端末のご購入はこちらから。


↓電子書籍閲覧用アプリをダウンロードすれば、お手持ちのスマホやパソコンでもご覧いただけます。
(スマホの場合はそれぞれのアプリストアから、パソコンの場合は下記のサイトからダウンロード可能です)

(ウィンドウズ用)
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=3078592246
(マック用)
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=3077089416

↓「三橋貴明の『新』日本経済新聞」、メルマガ登録はこちらから。
http://www.mag2.com/m/0001007984.html


※各種ブログランキングにも参加しています。1日1回、クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

関連記事


会員限定の映画やTV番組が見放題! 100万曲以上の楽曲も聴き放題!! 今なら30日間無料体験募集中!!!



テーマ : 橋下徹
ジャンル : 政治・経済

tag : 大阪都構想 積極財政 公共投資 構造改革 藤井聡 高橋洋一 橋下徹 三橋貴明

コメント

非公開コメント

最新記事
ブログ記事検索フォーム
カテゴリ別記事
おすすめの本

雇用、利子、お金の一般理論 (講談社学術文庫)


国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策 (講談社現代新書)


公共事業が日本を救う (文春新書)


官僚階級論 霞が関(リヴァイアサン)といかに闘うか (モナド新書010)


戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する


国土学―国民国家の現象学 (叢書 新文明学4)


英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)


アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)


〈凡庸〉という悪魔 (犀の教室)


危機の二十年――理想と現実 (岩波文庫)


仮面の日米同盟 米外交機密文書が明かす真実 (文春新書)
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

島倉原(しまくら はじめ)

Author:島倉原(しまくら はじめ)
 経済評論家。株式会社クレディセゾン主任研究員。経済理論学会および景気循環学会会員。
 メルマガ『島倉原の経済分析室』(毎週日曜日発行)や、メルマガ『三橋貴明の「新」日本経済新聞』(隔週木曜日寄稿)の執筆を行っています。

著書『積極財政宣言:なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか』(新評論、2015年)

RSSリンクの表示
メールフォーム
メールでのご質問・ご意見等はこちらからお願いします。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの音楽

ザ・アイランド・イヤーズ(リマスター)(完全生産限定盤)


Piper at the Gates of Dawn


Doors


ジギー・スターダスト<2012リマスター>


十七歳の地図

ツイート一覧
QRコード
QR
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策